糖尿病の症状に当てはまったら即検査|生活習慣病の文明開化

ダメージを与える

治療費にかなりの金額かかります

糖尿病とは血液中に使われなかった糖がたくさんあり細胞にダメージを与える疾患です。放置しておくと、腎症、網膜症、神経症状を併発しQOLが著しく低下します。 患者数は増加傾向で、原因はインスリン抵抗性あるいはインスリン分泌低下ですが、ほとんどの場合前者です。 糖尿病になると診察費以外に薬代がかさみ、また多くの薬や健康食品を普通の量飲むことができなくなることもあります。 症状の進行度にもよりますが、月で5000円以上の出費となり、ほぼ一生通い続けなければならないため、一生ではかなりの費用がかかります。 最近の医薬品はよくなってきている一方価格も上昇傾向にあるため、効果を選ぶか値段を選ぶかの選択をしなくてはならない時代になりつつあります。

糖尿病の症状は、どのようなものか

糖尿病の症状として最も多いことが多飲多尿です。のどが渇き水を飲むことでおしっこが多くなります。ひどくなると電解質異常を起こし手が痺れてきたり、めまいなどの脱水症状のような状態になります。 その次に多いことがおしっこの泡切れが悪い、または甘いにおいがするということです。正常な方でもケーキバイキングなどで大量の糖を摂取すると同じような症状は出ますが、一時的です。 糖尿病はこれといった自覚症状がないため、疲れやすく血液検査をしたところ発見されるというケースも多いです。 薬局などでは簡単に血糖値を検査できるキットを購入できるため、これらの製品をうまく使い自己管理、早期発見することがもっとも効果的な治療方法です。