糖尿病の症状に当てはまったら即検査|生活習慣病の文明開化

予備軍が

予備軍なら糖尿病を防ぐことができます

最近糖尿病の患者が増えていて、予備軍患者を含めるとかなりの数になります。また糖尿病は大人だけの病気ではなく、子供の患者も増えているため気をつける必要があります。糖尿病になってしまうと完治は難しいですが、予備軍の段階では生活を変えることで発症しないようにすることはできます。糖尿病にはいくつかの症状があるので、見逃さないことが大切です。症状としては喉が渇きやすかったり、尿の回数が増えたり尿に糖が混じっているなどがあります。また体が疲れやすかったり体重が減るなどもあり、手足のしびれや立ちくらみなども症状として挙げられます。これらの症状が出るのは糖尿病によるインスリンの作用不足のため、ブドウ糖がうまく使われなくなり体外に大量に排出されるからです。

生活習慣を変えていきましょう

糖尿病は血糖値が高くなる病気で1型糖尿病は遺伝などが関係していると言われていますが、2型糖尿病は生活習慣や肥満が原因と言われています。日本のほとんどの糖尿病患者が、この2型に当てはまると言われています。生活習慣が原因であるならば、食事を見直して運動習慣を身につける必要があります。またインスリンが不足している場合には、病院でインスリンの注射を受ける治療方法もあります。最近では子供の糖尿病患者が増えていて、小さい頃から甘いお菓子やジュースやファーストフードを食べ続けた結果です。また運動をあまりしない子供も増えていて、これからも予備軍が増えることが予想されます。これからは、大人から子供まで気をつける病気の一つになります。